【第2弾】自治労東京都本部 能登半島地震災害支援応援プロジェクト ー輪島塗箸の斡旋ー

 2024年1月1日の能登半島地震は甚大な被害を及ぼしました。輪島市の伝統産業「輪島塗」の製造は塗りや絵付けなど様々な工程があり、一つの商品を作るのに多くの職人が携わるなか、職人の住む場所や工房が軒並み潰れ、小売店が並ぶ朝市も焼き尽くされ、作業に使用していた機械や道具が壊れたり、漆などの原材料が使えなくなったりするなど、大きな被害を受け「輪島塗」の生産に関わるほぼすべての職人が被害を受けました。

 都本部は、石川県輪島市で塗り箸の卸製造・販売を行っている「岩多箸店」で災害を乗り越え、無事であった「生き残った箸」(在庫)の斡旋により、伝統産業を守る被災地支援の取り組みを独自に実施しました。各単組のご協力により斡旋数400セットが完売するとともに、次の取り組みに対するお声もいただきました。

 

 今回は第2弾として、少しずつ製造が開始された輪島塗「塗り箸」の斡旋に取り組みます。分業工程を経る中で、いまだ職人さんが2次避難されている状況等もあり、移動距離等により生産効率は戻っていない状況です。1日も早く普通の生活に戻れるよう伝統作業を下支えしていきます。

 災害から日本の伝統を守るとともに、今後の被災地の状況等も見据えながら都本部被災地支援の取り組みへの対応を図ります。

1.目的

① 伝統産業を守る支援に向けた取り組み

② 都本部の被災地支援の取り組みにむけた活動費用

  ※取り組み内容は時期と被災地の状況等を鑑みながら2025年度にむけて取り組みを具体化します。

2.内容

輪島塗「塗り箸」2膳セット

斡旋価格:3,000円

  • 原価に近い価格での提供。
  • 斡旋価格の内、2,200円を生産者へ、800円を都本部独自の被災地支援の取り組みに活用いたします。

3.申し込み等

 締切:6月28日(金) 

  お申し込みは単組による申し込みとします。個人でのお申し込みはご対応できかねますので、何卒ご了承ください。

  生産体制が回復しつつあることから、今回は斡旋数の上限は設けておりません。 

  ご入金に関しては、申し込みいただいた単組に、7月上旬頃にご案内します。商品は7月末日を目途に単組宛に発送します。(発送は前後する場合があります)

4.問い合わせ・申し込み先

都本部企画総務局 

℡:03-3556-3755 Fax:03-3556-3756

Mail:kikakusoumu@jichiro-tokyo.jp